H.works shop

2018年3月24日現在

1:グレー、ラベンダー、ホワイト、クリーム、ブルーにライトブルーの6色が
 揃う3.5寸ハットボウル。4.3寸リム皿#1は5色。カップは5色と白磁があり。
2:たっぷりサイズのマグカップは形が2種類あり。上段中央のポットマグ
 は、やや口がすぼまっており冷めにくい形です。
3:使いやすいと言うお声を多くいただく7寸のハットボウル。パスタや煮込
 み料理、カレーライスなどにもいいサイズ。フルーツを盛るのにも最適。
4:コロンとした形が可愛らしいです。容量もあるので、カフェオレやスープ
 類に丁度いいマグでしょう。他にブルーやグレーのお色もあり。
5:デミタスカップ&ソーサー。一息の珈琲が更に美味しく感じられそうです。
6:シックなブラウン系のお品。ポポラス、グニー、シルバードロップ。庭の
 ユーカリ3種をピッチャーには活けてみました。

7:ケーキ皿や取り皿にいいサイズのお皿。手前が5.5寸で奥が4.5寸です。
 石田さんのリム皿は#1、#2、#3と3種類があります。こちらはその中
 ではリム幅が狭く、フラットな面が広い#3のものになります。
8:上段には、湯呑や小鉢としてもお使いいただける3寸ポットボウル。手前
 から、ブルー、ライトブルー、ホワイト、クリーム、ラベンダー、グレーと
 なります。下段には、デザートや銘々用のちょこっとおかずやサラダなど
 にいい4.5寸のハットボウル。こちらも6色が揃っています。
9:上段には、サラダや煮物、銘々用ののっけご飯物などにもお使いいただ
 けそうな6.5寸リムボウル。下段左は3.3寸碗。お子様用にいい大きさです。
10:6.5寸#1のリム皿です。パン、サラダ、メイン・・・にと使え重宝します。

左:リム幅があり、全体的にフラットな形の#2リム皿。おしゃれ
 です。こちらは4.5寸。色違いでテーブルに並べるのも素敵です。
中:8.5寸のハットボウル・ラベンダー。クリームとブルーのお色も
 あり。取り分けスタイルにするパスタやサラダ、煮込み料理
 用にと出番があるでしょう。チューリップを活けたのはクリーム
 色の広口花器。ナチュラルに花が挿せる形です。
右:5.5寸のハットボウル。銘々用の小鉢としてお使いいただけ、
 取り鉢にされてもいい大きさでしょう。

左:酒器類となります。紅毛手、ストーンウェアと言っている
 もの(ブラウン系)、そして薪窯の南蛮焼締のものが並び
 ます。上段の小さな徳利形の南蛮は一輪挿しです。
中:紅毛手と南蛮焼締のポットボウル。手前は南蛮の4寸碗。
 白磁の蓋物に、紅毛手ブルーの丸壺などが並びます。
右:細かくサイズを刻んで作られている飯碗。上段は紅毛手
 の3.8寸。大きからず小さからずで、形も美しいです。下段
 には表情が1点ずつ異なる南蛮焼締の3.5寸碗です。

*画像は3/24現在のものになりますので、お品物がすでに無い場合もございます。ご承知下さい。

H.works shopページ バックナンバー


home/news

exhibition

blog

shop

mail order

access

桜の開花と共に始まった[石田誠 器展]。当店では14回目の個展
です。昨年とは異なる仕事の変化も感じられる展覧会となっており、
紅毛手にはグレーやラベンダーと言っている新色がプラスされ、
手に取ると、施釉にもこれまでとは違う面があることがわかります。
ですが優しい色合と健やかなつくりに変わりない石田さんの器です。

初日に在店して下さり、つくりの違いなど、お客様
お一人お一人に説明をして下さっていた石田さん。
あまりしゃべり過ぎるのもいけないと言いながら。
いいねの「ええよねぇ」、OKの「ええですよっ」。
今回も石田さんの伊予弁(?)をたくさん聞きました。
ほっとできるいい響き(伊予弁だとええ響き?)です。

石田さんの工房訪問記はこちら

10

毎年個展会場(たまに野外)で
石田さんのポートレート写真を
撮って下さる方がいらっしゃい
ます。とても素敵に。その撮影中。